社屋の防水工事を始めました

 みなさまこんにちは、代表の児玉です。

先日から社屋の防水工事を施工しております。

先日の豪雨で雨漏れしてしまい、早急に修繕しなくてはならなくなってしまいました・・・

 

<今回採用した防水方法は、FRP防水>

FRP防水とは・・・

一番費用対効果が高く、工期も短い為おすすめの工事と言えます。FRPはFiberglass Reinforced Plasticsの略で、直訳すると繊維強化プラスチック、詳しく言えば、繊維質のガラスなどの補強材で非常に強化されているプラスチックを使った防水工法となります。

専用の樹脂塗料(防水用ポリエステル、防食用ポリエステル、防食用ビニルエステルの三種類)で塗装を行いながら、繊維強化プラスチックのシートも重ねて塗り込み、防水層の強化を行います。シートはシート防水工法とは違って薄く繊維質なので重ねて使う事が出来る為、つなぎ目がありません。バルコニー全体にまんべんなく強化された防水層を形成できます。

FRP防水工法が使われている場所としては、屋上駐車場、工場の床、一般的な屋上、マンションなどのベランダ、突起物が多い屋上、大型水槽、木造住宅のバルコニー、プールなど水が当たる可能性のあるあらゆる場所に使用されています。最近の新築の住宅のベランダ、バルコニーはほとんどがFRP防水工法です。

 

・写真中央のグレー部分のクラックから雨が漏れ、応急処置でポリパテ、ファイバー処置からのFRP樹脂で一層防水層を作っておきました。そして全面高圧洗浄をかけ、プライマー(下地材)を塗布します。

IMG_3531

・下記写真画面の奥からグラスファイバーを全体に敷き、FRP樹脂で固めていきます。

IMG_3529

・少しお分かりにくいですが、画面奥だけ色が少し違いませんか?

FRP樹脂自体は透明なので、あまり変化は感じません。(トップコートで色付きの物を使用し、仕上げていきますが、それはまた今度のお話です!笑)

IMG_3531

・一通り敷終わったら、表面の凸凹をグラインダーを使い平らに仕上げていきます。

FRPは2液硬化型なので、完璧に硬化するまで2時間程です。

IMG_3542

・これを、二回繰り返します(一般的には2プライと言います)

2プライ目(2層目)からはグレーに着色されたFRPを使用します。

IMG_3543

今日はここまで!次回こうご期待!!!

 

名古屋市での 防水工事 FRP防水工事 から リフォーム 増改築 リノベーション

「㈱児玉ホールディングス」で!!!!

0120-738-393まで!!!

 

 

 

 

 

 

image

bg
bg
bg