image

防犯カメラ

防犯カメラの設置(完成)

  こんにちは、代表の児玉です。

先日、いつもお世話になっている英会話スクール様から、校舎の安全のために防犯カメラの設置工事を依頼され、

最終設定、使い方の説明等も踏まえ、お伺いしてまいりました。 

今回は、無線カメラだと電波が入りにくいので、有線タイプ(弱電・テレビ端子)での施工となりました。

しかし、見栄え・セキュリティーの観点から配線は極力天井・壁の裏側での配線となりました。

 

●取付個所は以下の通りです。

    <玄関エントランス>

P1100471 

点検口(写真右上)から配線します。

       <ホール>

P1100472 

ダウンライトを一度はずし配線します。

      <事務所> 

P1100473

照明器具を外し配線します。既存LANカメラ(写真中央)は老朽化、セキュリティーの虚弱さから今回で役割を終わります。今までご苦労様でした。

             矢印

P1100475   ・玄関エントランス点検口よりカメラ1

へーベル板(ALC)をコア抜きします。その際エアコン・その他既設電気配線を傷つけないように細心の注意を図って工事します。

 

 

 

P1100476

  ・ホールよりカメラ2

こちらが一番手間のかかる箇所でした。ダウンライトの間隔が結構広いのと、天井裏の隙間がほとんどなく、尚且つ建物躯体の鉄骨(H鋼梁)が走っていてなかなか配線できませんでした。この箇所だけで1日・・・

 

 

 

 

 

P1100477   ・事務所よりカメラ3

写真ではおわかりにくいですが、こちらも約一日費やしていた箇所です。

ホールと事務所の間に張りがあり、全く隙間がありませんでした・・・

一か所点検口を付けさせていただき施工しました。

 

             矢印

P1100486

もうほとんど完成です。

このキャビネット・・・開けると? 

 

 

P1100484

ここに専用モニター・レコーダーを格納しています。

映りもとてもよく、全くノイズ等も入っていません。

 

 

P1100483

ここからさらにカテゴリー6のモジュラーコンセントを終端末機モデムから増設し、高速通信で専用サーバーへ転送します。

まさに完璧なセキュリティーです。(私が考えました!笑)

 

 

●以下まとめ

無線カメラと有線カメラのメリットデメリット。

無線カメラ・・・メリットはまず、取付が簡単で、誰でも取付ができること。そして安価なものが出回っているので比較的購入しやすい。デメリットは、取付場所が室内で、尚且つレシーバー・レコーダー等本体と近くに設置しないと、ノイズが入ったり画質が途切れたりしてしまいます。

有線カメラ・・・メリットは、画質、セキュリティーの面ではほぼ完璧です。デメリットは、取付工事が難しく、おそらく一般の方では取付個所によってはできないと思われます。

 

今後弊社でも、こういった通信機器や、OA機器等の設置、メンテナンス・工事の分野に視野を広げ、皆様のお役に立てればと思っております。

名古屋市での防犯カメラ工事セキュリティー工事「KHDリフォーム」(株)児玉ホールディングスで!!!

 

 

image

bg
bg
bg