image

雨漏れ・水漏れ

社屋の防水工事を始めました

 みなさまこんにちは、代表の児玉です。

先日から社屋の防水工事を施工しております。

先日の豪雨で雨漏れしてしまい、早急に修繕しなくてはならなくなってしまいました・・・

 

<今回採用した防水方法は、FRP防水>

FRP防水とは・・・

一番費用対効果が高く、工期も短い為おすすめの工事と言えます。FRPはFiberglass Reinforced Plasticsの略で、直訳すると繊維強化プラスチック、詳しく言えば、繊維質のガラスなどの補強材で非常に強化されているプラスチックを使った防水工法となります。

専用の樹脂塗料(防水用ポリエステル、防食用ポリエステル、防食用ビニルエステルの三種類)で塗装を行いながら、繊維強化プラスチックのシートも重ねて塗り込み、防水層の強化を行います。シートはシート防水工法とは違って薄く繊維質なので重ねて使う事が出来る為、つなぎ目がありません。バルコニー全体にまんべんなく強化された防水層を形成できます。

FRP防水工法が使われている場所としては、屋上駐車場、工場の床、一般的な屋上、マンションなどのベランダ、突起物が多い屋上、大型水槽、木造住宅のバルコニー、プールなど水が当たる可能性のあるあらゆる場所に使用されています。最近の新築の住宅のベランダ、バルコニーはほとんどがFRP防水工法です。

 

・写真中央のグレー部分のクラックから雨が漏れ、応急処置でポリパテ、ファイバー処置からのFRP樹脂で一層防水層を作っておきました。そして全面高圧洗浄をかけ、プライマー(下地材)を塗布します。

IMG_3531

・下記写真画面の奥からグラスファイバーを全体に敷き、FRP樹脂で固めていきます。

IMG_3529

・少しお分かりにくいですが、画面奥だけ色が少し違いませんか?

FRP樹脂自体は透明なので、あまり変化は感じません。(トップコートで色付きの物を使用し、仕上げていきますが、それはまた今度のお話です!笑)

IMG_3531

・一通り敷終わったら、表面の凸凹をグラインダーを使い平らに仕上げていきます。

FRPは2液硬化型なので、完璧に硬化するまで2時間程です。

IMG_3542

・これを、二回繰り返します(一般的には2プライと言います)

2プライ目(2層目)からはグレーに着色されたFRPを使用します。

IMG_3543

今日はここまで!次回こうご期待!!!

 

名古屋市での 防水工事 FRP防水工事 から リフォーム 増改築 リノベーション

「㈱児玉ホールディングス」で!!!!

0120-738-393まで!!!

 

 

 

 

 

 

排水升→排管直結

こんにちは、代表の児玉です。

先週はいろいろとばたばたしており、なかなかブログをUPする時間がなかったのですが、

例の水漏れ事故の物件の排管を復旧してまいりました。

まず基礎知識から

●通常排水管は

・大便器:75
・小便器:40または50
・洗面器:32
・浴槽:40
・シャワー:50
・掃除流し:65
・洗濯:40
・厨房流し:40
・床排水:50

とサイズがあらかじめ決められていて、種類もそこまで豊富ではありません。実際、ホームセンターなどでも購入できます。

●升

・排水管の会合点や屈曲点に設けることで、水あか、泥などが詰まるのを防止します。
・流れをスムーズにします。
・配管の掃除口になります。

しかし今回は昔厨房だったという事もあり、室内に升があり、それが今回の水漏れの原因になってしまいました。

 

それでは復旧していきます。

●右上に見える新しい部品・これをまず専用のボンドで貼り付けます(溶かしてくっつける接着剤・施工前に排管内部、外部をラッカ等できれいにしておくこと)

IMG_2722

 

●・・・完成です!笑(少し特殊な工具や工法で施工する為、企業秘密的な部分もありまして・・・)

升下部に溜まった水をポンプで抜きとります。(最初にやってもよかったのですが、これは単なる私の段取りの悪さです・・・)お客様にも指摘されました・・・苦笑

IMG_2723 IMG_2724

 

●そして7割くらい砂を入れて、上からしっかり叩きます。(砂で隠れてしまっていますが、ここにまた、二度とこういった事故を繰り返さないための企業秘密が眠っています)

上に付いている、煙突のようなものは掃除口というもので、定期的にここから水を流したりして配管の詰まりを防止するのに役立ちます。現状は砂や今から打つ耐水モルタルが管内に混入しないように伸ばしてある状態です。

IMG_2725

 

 

●いよいよ最後の作業です。耐水セメントを打ち、最後に耐水モルタルで仕上げます。

(お庭などの池を作る際に使用する、固まると水に耐えれるまでに耐水性のあるセメントです)

IMG_2728 IMG_2727

 

後日、内装工事に入らせていただきます。

また、UPしますね!

小さな工事から大きな工事まで、愛知県でのリフォーム工事・増改築工事・誰に頼んでいいかわからない工事!笑(弊社では最大限まで自社施工を致しますので、圧倒的なコストパフォーマンスで工事致します)

は、「KHDリフォーム」(株)児玉ホールディングスで!!!

高圧洗浄・排管ブラシ洗浄

こんばんは、澤田です。

本日は先日の水漏れ事故で配管が詰まってしまい、キッチンが使えなくなっているお客様の元へ、排水管の高圧洗浄・ブラシ洗浄を行ってまいりました。

手動のエンジン高圧洗浄機しか弊社は所有していなく、もし、これでだめなら洗浄車を入れての作業になります。

IMG_2786

また、作業に夢中になりすぎて写真をほとんどとっていませんが、30分ほどで見事に詰まりを解消し、

道路側にある升からも逆噴射で完璧に詰まっている汚物を取り除きました。

カメラで排管内部をチェックして、あとはブラシ洗浄をして完了です。

IMG_2721

ここまで作業時間は2時間(でも準備時間は3時間ほどかかりました・・・)

室内は、汚れが飛散しないように養生をし、室外は寒波の影響ですごく寒くて大変でした・・・

 

応急処置として、升自体を使えるようにして、後日こういう難易度の高い工事のプロである内の社長が自ら

配管工事に入るそうです。楽しみですね!笑

 

皆様もこの寒波は100年に一度といわれています。体調にはお気を付けください!

 

名古屋市でのリフォーム・増改築は「KHDリフォーム」(株)児玉ホールディングスで!!!

水漏れ→高圧洗浄(名古屋市中村区)

 皆さまこんばんは、代表の児玉です。

本日は業務を終えて帰ろうとしたまさにその時・・・日ごろお世話になっているお客様より一本の電話が入りました。

「床から水が溢れてきて、床が水浸しになってしまっている」との事で、急いで現地に向かわせていただきました。

IMG_2784IMG_2785

当初、給水管の破裂だと思っていたのですが、給水管の破裂であれば、元栓を止めない限り常時水が溢れ出てしまいます。

でもしかし・・・床から異様なにおいが・・・そし何か木の蓋のようなものがしてあります・・・(嫌な予感・・・)

床の塩ビタイルをめくり、腐った木の蓋を取ると・・・

IMG_2719

うわっと目をそむけたくなる光景が・・・

そう、升です(なぜ室内の床に升があるのか?それはここが昔飲食店の厨房だったからです。)

もちろん最初の改修工事は弊社ではありません。升はキチンと処置しないと後でこのような最悪の事態を招きます・・・

(無論、そのような会社さんは、もう倒産しちゃってました・・・)

上の写真はだいぶ掃除した後の写真ですが、当初は無理やり排管を取り付けたところにものがつまり、中で割れて

大量の虫が・・・

本日は、道具を持ち合わせていないのと、夜分遅くまで原因究明がかかってしまったので一度撤収して近日に出直すことになりました。

次は、排管の詰まりを完璧に取るため、高圧洗浄をかけます!

 

このように誰に頼んでいいかわからない・・・「水漏れ」・「排水管のつまり」など・・・

「KHDリフォーム」(株)児玉ホールディングスでは、どんなお悩みでも、必ず解決させていただきます。

 

 

 

現場調査に行ってまいりました(名古屋市緑区)

こんばんは、常務の児玉です。

本日は、自宅のベランダ及び外回り付近が老朽化の為、営繕工事を施したいというお客様のご自宅にお邪魔して、

現地調査に行ってまいりました。

  

 

   敷地がとても大きく、勝手口横からも2Fのベランダに行けるようになっています。

  ですが、この鉄骨の階段が経年劣化でさびていてかなり危険な状態になっています。

  まずは、これを何とかしないといけません。

  IMG_1447

  IMG_1462

   次に、この軒天といわれる出っ張った部分が、10年ほど前に、2Fベランダの防水が剥げてしまい、それによる内部からの雨漏れ水漏れで

 落ちてきてしまい、下に止めてあった車に直撃した為、そろそろ心配なのでどうにかしたいとのご要望も承りました。

 こちらは、いくつかプランニングさせていただき、ご要望に沿った施工をしようと思います。

  IMG_1452

  IMG_1453

最後に防水工事ですが、台風後なのと、軒天の天井を見た感じ少しイヤーな予感がしますが、

きちんとした対応で、今後のメンテナンスも楽にできるように処置をしていこうと思います。

  IMG_1449

  IMG_1450

 

ご契約いただけるように頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直貼りフロア貼替

 

 こんばんは、代表の児玉です。

本日は以前ご紹介した賃貸物件の直貼りフロアの張替工事に行ってまいりました。

もちろん、私も施工しました!笑

私の叔父にあたる大工の克也おじさんと一緒に施工したのですが、腕も実力も到底かなわないと感じました。

自分もまだまだですね。

 

仕上がりもばっちりでお客様、オーナー様ともに大変喜んでいただけました。

BEFORE

 

IMG_1201 IMG_1715

矢印

めくっていきます。僕は写真を撮っているとき以外はずっとめくっていました!

IMG_1716  IMG_1719

 

めくった後は下地調整です。電動ブラシで研磨していきます。

これがまたきついんです・・・

IMG_1721 IMG_1726 IMG_1723

 

後は掃除をして、ウレタン製の糊で施工していきます。

IMG_1730  IMG_1728 IMG_1729

矢印

 

AFTER

一番被害の大きかったキッチンリビングも、何事もなかったようにきれいになりました。

入居者様もこれを機に模様替えをされるとの事でした。

IMG_1733  IMG_1731  IMG_1734

今回施工したフロアは直貼り用フロアでした。

前回もご紹介いたしましたが、直貼りフロアの中でも、集合住宅、マンションタイプの物件には、遮音フロアというものを使います。

単にフローリングと言えど、色々な種類があります。

リフォーム工事をご検討の方や、ちょっと相談だけでも・・・という方も、ぜひKHDリフォームにお問合せ下さい!

 

 

 

image

bg
bg
bg