賃貸物件オーナー様へ

不動産投資物件維持

 近年、投資用不動産物件の維持、経営など賃貸住宅は郊外を中心に大変厳しい競争の時代に突入しつつありますすでに世帯数を大きく上回る住宅ストックがありながら、貸家の新築着工数は増え続けています。さらに今後、急速に進む少子高齢化や人口原書など、マイナス要因を挙げればきりがありません。これまでのように、アパート建築・修繕工事をメーカーや管理会社に丸投げしていては、失敗する可能性が高くなると言わざるを得ません。もちろん、大家のエゴをむき出しにしたアパートを建築しても、入居者のニーズに合うものを作り出せるとは思えません。これからの時代、投資用物件の経営で成功するためには、大家自らが借りてほしい入居者を絞り込み、それぞれのニーズに合った暮らしの場を提供していかなければなりません。そのためにはご自身が物件をプロデュースしていくことが経営のカギとなっていきます。
 以上を踏まえたうえで建物の外観、内装、設備、この3つは投資物件維持・経営にはとても重要な点だとも言えます。しかしながら、改修費に多額の資金を投資しても入居者が見つからない、そういったリスクが伴ってくる点が、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンといわれている本質なのかもしれません。

外観

 まずは、建物の外観について考えてみましょう。ここでいう外観とは、建物の外壁、共用部分、駐輪場、駐車場などなど、室内以外の目に見える部分すべてについだとお考えください。外壁材は何を使っているのか、サッシ、屋上の防水の現状など、日に日に経年劣化していくものばかりです。外壁で例を挙げるならば、10 年もすれば塗装の塗り替えの時期だと一般的に言われていますが、実際にやれらているオーナーの方は半数にも満たないのではないでしょうか。実際その統計然りなのですが、弊社でも外壁の塗装はよっぽど目立たなければ塗り替え、張替はおすすめしておりません、それよりも、共用部分の使い勝手、清掃、安全に目を向け、見た目よりも中身で差をつけることが勝因であると考えております。

内装

 内装についても考えてみましょう。正直マンション・アパートタイプの賃貸住宅の間取りは、どこも同じでほとんど差はありません。そこで、他の物件との差をつけるには、比喩的ですが、その部屋に個性を持たせることが大切だと思います。弊社では、不動産投資物件の内装分野には以前からリノベーション工事と共に力を入れており、様々な施工経験がございます。一つ一つの物件、各部屋に「メリハリ」をつけ、今ではかなり主流になっておりますが、アクセントクロスなどを使用し、お部屋の一面ないしは各部屋それぞれを全くイメージの違った雰囲気に仕あげ、「メリハリ」をつけることができます。

設備

 住宅設備とは、キッチンやお風呂、洗面やトイレなどの水廻りの設備や、換気扇、サッシや玄関ドアなど、室内にあふれる機材の事を言います。そういった設備機器は、近年毎月のように新しい機器が各メーカーから発表され各メーカーがこぞって「省エネ」商品を発表しています。そういった設備機器も建物の老朽化と並行して古くなり入居者のニーズに追いつけなくなってきます、弊社では年間を通し、メーカー様や各商社様との取引が大量にあるため、リフォームパックと並行して、賃貸物件オーナー様用の設備機器のリフォームパックもご用意しておりますお問合せいただければ資料等を送付させていただくか、弊社スタッフがお伺いしてご説明いたします。

image

image

bg
bg
bg

image

image

image

リフォームプラン

  • 小工事
  • 内装工事
  • エクステリア
  • 水廻り工事
  • 全面リフォーム
  • リノベーション
  • 増改築
  • 新築

image

image

image